花粉症、アレルギー性鼻炎

 

花粉症治療について

リウマチ・アレルギー情報センターのホームページは信頼できる情報がよくまとまっていますので、ご覧下さい。

リウマチ・アレルギー情報センターホームページ
リウマチ・アレルギー情報センターPDFファイルをダウンロード

上のサイトのポイントをまとめます。

(1).室内塵・ダニの除去
1. 室内は排気循環式の掃除機を用いてゆっくり時間をかけ、集に2回以上掃除する。
2. 敷物のソファ、カーペット、畳はできるだけやめる。
3. ベッドのマット、ふとん、枕にダニを通さないカバーをかける。
4. 部屋の湿度を50%、室温を20~25℃に保つよう努力する。

(2)スギ花粉の回避
1. 花粉情報に注意する。
2. 飛散の多い時期の外出を控える。
3. 飛散の多いときは窓、戸をしめておく。
4. 飛散の多いときは外出時にマスク、メガネを使う。
5. 表面がけばけばした毛織物などのコートの使用は避ける。
6. 帰宅時、衣服や髪をよく払い入室する。洗顔、うがいをし、鼻をかむ。
7. 掃除を励行する。

(3)ペット(特にネコ)アレルゲンの減量
1. できれば飼育をやめる。
2. 屋外で飼い、寝室に入れない。
3. ペットと、ペットの飼育環境を清潔に保つ。
4. 床のカーペットを止め、フローリングにする。
5. 通気をよくし、掃除を励行する。


(4)薬物治療
1. アレルギー性鼻炎用抗アレルギー薬

[症状が軽い方]
●ケミカルメディエーター遊離抑制薬
効果はマイルドですが連用により改善率が上昇します。鼻閉にもやや効果があります。眠気の副作用がなく、全体に副作用が軽微です。
(商品名:インタール、リザベン、ソルファ、アレギサール・ペミラストン)

[症状が比較的軽い方]
I ヒスタミン拮抗薬(抗ヒスタミン薬)
(商品名:第2世代 ザジテン、アゼプチン、セルテクト、、ダレン・レミカット、アレジオン、エバステル、ジルテック、タリオン、アレグラ、アレロック、クラリチン)
効果発現は遅いが持続が長く、鼻閉にもやや効果が見られ、全般改善度がややよいという特徴があります。

[鼻づまりが強い方]
ロイコトリエン拮抗薬
(商品名:シングレア、キプレス、オノン)
鼻粘膜の腫脹を抑制し、鼻閉を改善しし、鼻閉の効果は第2世代抗ヒスタミン薬より優れており、内服1週間後くらいから認められます。

[鼻汁・鼻閉の症状が強い方]
点鼻用ステロイド薬
(商品名:アラミスト、ナゾネックス、アルデシン・リノコート、フルナーゼ)
全身の副作用が少ないという特徴。効果発現が早く確実で、アレルギー性鼻炎の3主徴に等しく有効です。

[重症の方]
経口用ステロイド
(商品名:セレスタミン)
局所ステロイド薬で制御できない重症例に対してステロイド薬の内服を行うこともあります。アレルギー性鼻炎に対するステロイド薬内服は副作用を考え、短期の使用にする。

ステロイド筋肉注射(ケナコルトなど)
全身の副作用があるためあまり推奨されていません。
副作用のリスクを理解し、注射を強く希望される方に使用することもあります。


(4).減感作療法(当院では行いません)
皮下注射を少なくとも2~3年を続けます。中止しても効果は数年以上持続する例が多いといわれています。

1. 長期寛解や治癒が期待できる。
2. 効果発現が遅い。
3. 長期の定期的注射が必要である。
4. 稀ながら重篤な副作用(全身性アナフィラキシーショック)を起こす。
5. アレルゲンの検索が必須である。

 

[点 眼]
抗ヒスタミン薬などをもちいます。
ステロイドの点眼は、副作用があるためできるだけ避けます。
必要な場合は眼科を紹介しています。

[漢方薬をご希望の方へ]
軽度の鼻汁には小青竜湯(ツムラ19)
中等度の場合には麻黄附子細辛湯(ツムラ127)
鼻づまりには葛根湯加川きゅう辛夷(ツムラ2)