フルミスト(4価経鼻インフルエンザ生ワクチン)注意事項

 

フルミスト(経鼻インフルエンザ生ワクチン)接種の前に
接種方法:
鼻の中に液を噴霧するワクチンなので従来の不活化ワクチンの皮下注射と異なり痛みはありません。しかし、鼻水が多い、泣いてしまう、といった場合には十分な効果が得られない場合がありますので、お子様には可能な限り保護者の方からご説明いただき、出来るだけ良いコンディションで受けられるようにお願い致します。
フルミスト接種の動画があちらこちらで見られますので、お子さんが一番抵抗を示さなさそうなものを先にお見せいただくのも一案です。
予防効果:
不活化ワクチンが A 型 2 種類、B 型 2 種類の 4 種類の株(昨年度までは A 型 1 種類 B 型 2 種類の 3 種類)が入っているのと同様、フルミストも 4 種類の株が入っています。
不活化ワクチンとの違いは、直接鼻腔に免疫をつけることが可能であるため、従来の不活化ワクチンで得られる抗体以外の気道粘膜での免疫を誘導することが可能になり、予防効果が高いと考えられます。生のウイルスを弱毒化した生ワクチンであるため、流行するインフルエンザと株が違っても、効果が出て、発症を軽症化させることが期待できます。
しかし、100%かからない、ということでないことはご承知おき下さい。
また、従来の不活化ワクチンの予防効果が 4 か月程度であるのに対し、約 1 年の有効期間と言われており、効果が長く持続します。
予想株が流行株と合えば、特に13歳以上では不活化ワクチンの有効性が上回ると言われておりますので、不活化ワクチンとの併用も可能です。その場合は不活化ワクチン規定回数接種後7日以上あけてフルミストの接種をお勧めします。
接種回数:
・過去にインフルエンザに罹患または、インフルエンザワクチン接種をしたことがある場合は 1 回
・9 歳未満で上記に該当しない場合は 28 日以上あけて 2 回接種
副反応:
生ワクチンですので 30~40%の方は接種後3日~7日まで鼻炎症状が出現し、その他、咽頭痛、咳など軽い感冒症状を数日認める場合があります。ごくまれに、発疹、じんましん、アナフィラキシーショック、ギランバレー症候群などの重篤な副反応を起こす可能性は他のワクチン同様に否定できません。

 

→重篤な副反応出現時
ワクチンによる健康被害が起こった場合、国内未承認の輸入ワクチンであるため、公的な補償制度は適用されません。輸入元の(株)Monzenの副作用被害救済制度はありますが、補償のための要件は細かい規定があり、ワクチンによる副反応と認定され、補償制度が適用されるためには厳しい行程があり、補償は限定的であることを十分ご理解下さい。
※当院では、他のワクチンとフルミストの同時接種はおすすめしません。国内承認済みのワクチンは公的な補償制度が得られるので、万一フルミストと同時接種を行い、予防接種による健康被害が生じた場合、公的な補償制度が受けられなくなる可能性があります。

 

当院での使用ワクチン:
製品名:FluMist Intranasal Quadrivalent Vaccine 0.2ml
製造元:アストラゼネカ社(米国)
輸入元:(株)Monzen

 


事前に以下の各項目をご確認ください。

 

接種非対象者:下記の方は接種できない可能性がありますのでご了承下さい。
□2 歳未満、50 歳以上
□卵、ゲンタマイシン、ゼラチン、アルギニン、その他インフルエンザワクチンに対し、重度のアレルギー、
アナフィラキシーの既往
□重度の免疫不全の方とかかわる
□アスピリン服用中 (※基本フルミスト接種後4週間はアスピリン服用はしない)
□抗インフルエンザ薬服用中
□ギランバレー症候群に罹患したことがある
□妊娠中である、妊娠の可能性がある
□明らかな発熱がある、鼻汁、鼻閉がひどいなど体調がすぐれない
接種要注意者:下記の方は事前にご相談ください。
□慢性疾患(心臓、肝臓、腎臓、喘息などの呼吸器疾患、糖尿病、貧血、嚥下困難や呼吸障害を伴う神経疾患、
免疫不全など)
□5 歳未満で、1年以内にゼーゼーしたことがある